介護保険制度

介護保険は、お住まいの市町村が保険者となり運営されている保険です。40歳以上の方で保険料を支払っておられ、介護が必要になられた方は、一部費用を支払うことで様々な介護サービスを受けることができます。

 

第一号被保険者 65歳以上の方

第一号保険者の方は、原因を問わず、介護や日常生活において支援が必要になった場合、介護保険によるサービスを受けることができます。 サービスを受けるに当たっては、被保険者がどのような状態にあるか調査を受け、市町村の認定を受ける必要があります。

 

第二号被保険者 40歳以上で65歳未満の方

第二号被保険者の方は、おもに老化が原因とされる特定疾病により、介護や支援が必要になった場合、介護保険によるサービスを受けることができます。ただし同時に健康保険に加入している必要があります。特定疾病には以下の疾病が指定されています。(2010/04/01現在)

末期がん

慢性関節リウマチ

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

後縦靭帯骨化症

骨折をともなう骨粗しょう症

初老期の認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症、クロイツェフェルトヤコブ病、ピック病)

パーキンソン病

脊髄小脳変性症

脊柱管狭窄症

早老症(ウエルナー症候群)

多系統萎縮症

糖尿病(神経障害、腎症、網膜症)

脳血管疾患(脳出血・脳梗塞)

閉塞性動脈硬化症

肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息などの慢性閉塞性肺疾患

著しい変形性関節症

オハナきたケアセンター 介護保険制度